ダイエットに有効なPFCバランスとは?

生活改善

こんにちは!!

ダイエット&ボディメイク専門パーソナルジム

CALORIE TRADE KANAYAMAパーソナルトレーナーの岡村里樹(リッキー)です。

ダイエットに有効なPFCバランスとは?

皆さんは、毎食バランスのとれた食事を心がけていますか?

摂取する栄養素のバランスを考えて食事をすることは、ダイエットに大きな効果があります。

また、ダイエットだけでなく健康面でも大きく関わってきます。

そこで今回は、そもそもPFCバランスとは何なのか?

体重を落とすために有効なPFCバランスの割合はどれくらいなのかをご紹介していきます。

是非、最後までご覧下さい!

PFCバランスとは

Protein(タンパク質)、Fat(脂質)、Carbohydrate(炭水化物)の頭文字からとられており、1日の食事で摂取するエネルギーのうち、3大栄養素から得られるエネルギーの割合をPFCバランスと呼びます。

3大栄養素はそれぞれ、タンパク質1g=4kcal、脂質1g=9kcal、炭水化物1g=4kcalと私たちの体内の中でエネルギーに変わります。

全体の食事量が同じでも、PFCバランスを考慮して食事内容を変化させることで、代謝をあげることができ、健康維持やダイエットにも繋がります。

ちなみに、農林水産省が推奨しているPFCバランスが、
Protein(タンパク質):15%
Fat(脂質):25%
Carbohydrate(炭水化物):60%
になります。

ダイエットに有効なPFCバランス

代謝の向上を目指すのであれば、主食自体の食事を見直し、タンパク質を主体として脂質や糖質を控えるようにしましょう。

特に日本人は、穀物や芋などの炭水化物を非常に多く食べる傾向にあるので、注意です。

タンパク質は、代謝の要となる筋肉を筆頭に身体の構成するために重要な栄養素です。

タンパク質が多い食事を摂ったほうが、DIT(食事誘発性熱産生)と呼ばれる代謝をしやすくなります。

食事で代謝を上げようとするならば、タンパク質を多く摂取し、脂質や糖質を少なめに摂るのが良いでしょう。

ダイエットで体組成を変えていくためには、PFCバランスを、
Protein(タンパク質):40%
Fat(脂質):30〜40%
Carbohydrate(炭水化物):30〜40%
の割合に設定しましょう。

例えば、1日の摂取カロリーを2000kcalに設定した場合のPFCバランスは、
Protein(タンパク質):200g(800kcal)
Fat(脂質):65g(600kcal)
Carbohydrate(炭水化物)200g(800kcal)
とカロリーは若干誤差がありますが、こんな感じになります。

最後に

コロナの影響で外出を控えている方が非常に多いと思います。

お家にいるとついついお菓子などを食べてしまっている方、コロナが収まりいつも通りの生活に戻った時、体系はどうなっているでしょうか?

脂肪を落とすのは難しいですが、脂肪をつけるのは簡単です。

あと3ヶ月もすれば夏になるので是非、今日から栄養バランスの整った食事を心がけていきましょう!!

最後まで見ていただきありがとうございました。

以上、CALORIE TRADE KANAYAMAがお送りしました。

YouTube始めました!!
最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!

人気記事

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
金山で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

岡村 里樹
おかむらりき

トータルセッション数

2,000回

今まで行ったパーソナル数。月100セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

250人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約250人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

金山のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

金山のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートぶっちぎりの1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

関連記事