カフェインは筋トレにどのような影響を与えるのか

トレーニング 栄養

こんにちは!!

ダイエット&ボディメイク専門パーソナルトレーニングジム

CALORIE TRADE KANAYAMAパーソナルトレーナーの岡村里樹(リッキー)です。

カフェインは筋トレにどのような影響を与えるのか

皆さんは、カフェインが筋トレのパフォーマンスを上げてくれる事を知っていますか?

よく眠気覚ましの為にコーヒーを飲んでいる方がいますが、カフェインの作用はそれだけではないんです。

そこで今回は、カフェインにはどのような作用があり、筋トレにどのような影響を及ぼすのかをご紹介します。

是非、最後までご覧ください!

カフェインの効果

カフェインは、一般的にコーヒー豆や茶葉、カカオなどに含有されています。

カフェインを摂取する事で得られる効果として、

・眠気を抑制する覚醒作用
・疲労感を減少、抑制する興奮作用
・身体の血流を促す血管拡張作用
・老廃物の排出を促す利尿作用

などの活発な身体活動をサポートする効果・作用があります。

では、今回の本題である筋トレにはどのような作用があるのか。

実は、カフェインは「筋肉」に作用するのではなく、「脳」に作用します。

運動によって疲労を感じるとパフォーマンスが低下します。

これは脳にある痛みや疲労などの信号を受ける受容体が脳の神経細胞に働きかけ、細胞の活動を抑制するからです。

そこで、運動前にカフェインを摂取することにより先程の受容体に作用して、その感受性を低下させる作用があります。

その為、筋疲労を感じる時間が遅くなり、運動のパフォーマンスを向上させることができます。

では、「筋力」には作用するのか?

結果からいうと作用します。

とある実験でいくつかの筋収縮パターンにおける最大筋力を測定する実験が行われたそうです。

結果、カフェインを摂取する事で全ての筋収縮パターンにおける最大筋力が向上しました。

カフェインの摂取量とタイミング

まずカフェインの摂取方法ですが、コーヒーが最もカフェインを摂取するのに適している飲み物になります。

では、一日どれくらいのコーヒーを飲めば(カフェインの量)いいのか?

健康な成人の場合、1日あたり400mgのカフェイン(コーヒーだと200ml~300mlを2~3杯)が「人体に悪影響のない最大摂取量」とされています。

また、筋トレのパフォーマンスを向上したいのであれば、トレーニング1時間前に体重1kgあたり3~5mgのカフェインを摂取しましょう。

これは体重60kgの人だと180~300mgのカフェインに相当します。

この量を摂取する為には、350~500mlのコーヒーを飲む必要があります。

最後に

いかがだったでしょうか?

カフェインには身体活動を活発にするサポートの他にも、筋トレの効果を最大限に引き出してくれる作用もあります。

是非、皆さんも普段の生活やトレーニング前にコーヒーを取り入れてみてください!

ただ、飲み過ぎには注意です。

カフェインの過剰摂取は、目眩や吐き気、下痢といった症状をはじめ、興奮や不安などの精神症状を引き起こす可能性がありますので気をつけましょう。

最後まで見ていただきありがとうございました。

以上、CALORIE TRADE KANAYAMAがお送りしました。

YouTube始めました!!
最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!

人気記事

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
金山で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

岡村 里樹
おかむらりき

トータルセッション数

2,000回

今まで行ったパーソナル数。月100セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

250人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約250人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

金山のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

金山のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートぶっちぎりの1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

関連記事