ストレス時に積極的にとりたい食品とは?

生活改善

こんにちは!!

ダイエット&ボディメイク専門パーソナルトレーニングジム

CALORIE TRADE KANAYAMAパーソナルトレーナーの伊藤雅治(マサ)です。

ストレス時に積極的に取りたい食品

現在、皆さんは日常生活の中でストレスを感じますか?

ストレスが溜まることにより、頭痛や疲労感、過食・拒食、眠れないなど、

日常生活の中でストレスに悩まされている方もいるのでは?

そこで今回はストレスについて知ってもらい、

自分自身のストレスと向き合いながら見ていただければと思います。

是非、最後までご覧ください!

ストレスの種類

物理的:高温、低温、高圧、低圧、騒音、放射線
化学的:酸素欠乏、栄養素の量や質の過不足
心理的:怒り、不安、恐怖、緊張
生理的:睡眠不足、生活リズムの乱れ、極度の空腹、過労

まず、自分の不調としてのストレスサインに気づきましょう!

そして早めの対処が必要となってきます!

ストレス時に積極的に取りたい食品①ビタミンB・C群

人はストレスを感じると、副腎という場所からストレス対抗ホルモンというものを出し、

これを乗り越える際にホルモンの合成増加のために消耗するため必要となってきます。

〈ビタミンB1〉

豚肉、レバー、うなぎ、カツオ、玄米

〈ビタミンB2〉

レバー、うなぎ、さば、鶏卵、乳製品

〈ビタミンC〉

ブロッコリー、小松菜、赤ピーマン、キウイ、柑橘類

ストレス時に積極的に取りたい食品②タンパク質・抗酸化ビタミン

これらは、ストレスによる交感神経の伝達により消耗しやすくなり、

免疫機能低下に備えて補給をします。

〈良質な動物性たんぱく質〉

肉類、魚介類、牛乳、卵

〈β・カロテン〉

ほうれん草、小松菜、かぼちゃ、ブロッコリー、にんじん、春雨

〈ビタミンE〉

たらこ、すじこ、うなぎ、ブリ、アーモンド、アボガド

ストレス時に積極的に取りたい食品③カルシウム・マグネシウム

ストレスによる神経の興奮と深い関係があり、

摂取をすることで興奮を抑えストレスを緩和し、

精神状態を安定させる働きもあります。

〈カルシウム〉

牛乳、小魚、小松菜、豆腐、ひじき、切り干し大根

〈マグネシウム〉

納豆、かき、ほうれん草、ホタテ貝、枝豆、ピーナッツ、アーモンド、ごま

最後に

ストレス時に抗酸化作用のあるビタミンを摂取することにより、

身体の酸化を抑制し、肩こりなどの慢性疲労、肌荒れ、高血圧などを

打ち消すようなビタミンをおすすめします。

自分自身のストレスの要因を理解し、自分にあったストレス解消法を見つけていきましょう!

今回ご紹介をした食品も是非試してみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました!

以上、CALORIE TRADE KANAYAMAがお送りしました。

YouTube始めました!!
最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!

人気記事

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
金山で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

伊藤 雅治
いとうまさはる

トータルセッション数

1,000回

今まで行ったパーソナル数。月100セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

150人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約150人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

金山のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

金山のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートぶっちぎりの1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

関連記事