ストレスと睡眠の関係性とは?

睡眠

こんにちは!!

ダイエット&ボディメイク専門パーソナルトレーニングジム

CALORIE TRADE KANAYAMAパーソナルトレーナーの伊藤雅治(マサ)です。

ストレスと睡眠の関係性

みなさんは一日に何時間ほど睡眠を取っていますか?

睡眠の質はいかがですか?

眠りが浅い、寝つきが悪い、不規則な睡眠時間などで、

朝の目覚めが悪い日などはありませんか?

そこで今回は、睡眠の質が悪い原因や対処法などについてお話したいと思います。

なぜ眠たくなるのか?

夜になるとどうして眠たくなるのか疑問に思いませんか?

それはメラトニンという脳から分泌されるホルモンの影響です!

メラトニンは脳の松果体というところから、

午後9時頃から午前9時ごろにかけて分泌し、午前2〜3時にピークをむかえると言われています。

このメラトニンが分泌されることにより、体温が低下し休息に適した状態となり眠気にさそわれます。

メラトニンの効果

メラトニンは体内時計を調節し、脳の醒と睡眠を切り替える作用があります。

朝、光を浴びるとメラトニンの分泌が抑制され、体内時計がリセットされます。

そして、14〜16時間後に再分泌され眠気を誘います。

また、疲労回復がん予防など免疫力増加や病気の予防をすることでも注目されています。

寝る前のやめるべき習慣

1.カフェイン
脳の覚醒作用が働くホルモンが分泌するため就寝の2〜3時間前は控えましょう

2.アルコール
→眠りやすくはなるが、睡眠の質が浅く中途半端な時間(午前2,3時など)に起きてしまう

3.寝る前の食べ過ぎ
→満腹ホルモンが出ることで眠たくなるが、胃袋が消化中に活性化して脳や体は休まらず眠りは浅い

4.ブルーライト類
→光によってメラトニンの分泌が抑制してしまい脳が興奮する

良く眠るためには?

1.サーカディアンリズムを整える

2.「朝日」と「朝食」

3.寝る前の行動

4.昼寝を効果的に取り入れる

メラトニンの分泌時間や寝る前の行動、昼寝(30分ほどの浅い眠り)などを

考えながら1日の生活リズムを整えましょう!

※1日の理想の睡眠時間は年齢差があるため一度調べてみてはいかがでしょうか?

最後に

睡眠不足に対する不安や脳の疲れなどが心理的・精神的ストレスにつながり、

病気障害発生率を高めます。

ですので、気持ちが良い朝を向かえるためにも、

今一度、生活習慣を見直してみましょう!!

最後まで見ていただきありがとうございました。

以上、CALORIE TRADE KANAYAMAがお送りしました。

YouTube始めました!!
最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!

人気記事

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
金山で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

伊藤 雅治
いとうまさはる

トータルセッション数

1,000回

今まで行ったパーソナル数。月100セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

150人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約150人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

金山のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

金山のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートぶっちぎりの1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

関連記事