太りたいけど中々太れない方の為に、押えてほしいポイントとは?

体脂肪 対処法

こんにちは!!

ダイエット&ボディメイク専門パーソナルトレーニングジム

CALORIE TRADE KANAYAMAパーソナルトレーナーの岡村里樹(リッキー)です。

太りたいけど中々太れない方の為に、押えてほしいポイントとは?

今まで、主にダイエット目的の方の為に情報発信をしてきました。

ですが今回は、反対に体重を増やしたい・太りたいという方の為に、どうしたら体重が増えるのか?太れるのか?

押えてほしいポイントをご紹介していこうと思います!

是非、最後までご覧ください。

太る原理・痩せる仕組みを理解する

まずは、健康的に太る方法を知る前に、太る仕組みを知っておきましょう。

太るメカニズムを単純化してみると、「食べたエネルギー」ー「使ったエネルギー」=「太る」という形で表せます。

このことから、健康的に太る方法は大きく2つに分けられます。

太るために必要な、身体に取り入れるエネルギー量を増やす方法
痩せないために気を付ける、身体が使うエネルギー量を減らす方法

太りたい人は、まずはこの2つのことを意識してください!

太るために必要な摂取エネルギーを増やす準備

摂取エネルギーを増やす準備として、エネルギーを楽に取り入れるための準備が必要です。

この準備によって前よりも食べられるようになり、エネルギーを吸収しやすい健康体になれます。

その準備とは、胃腸の改善です。

胃腸が悪ければ食欲が湧かず、そもそも健康的に太るために必要なエネルギーを取り入れられないからです。

太るために重要な「胃腸の働きをよくする方法」について、以下の4つのポイントを抑えましょう!

胃腸の働きを良くする4つのポイント

冷たい飲み物を控える
身体を冷やすと胃の調子が悪くなってしまいます。
健康のためだけでなく、太りたい人はコーラなどの清涼飲料水は控えた方が良いです。
では、健康的に太る為にベストな飲み物は何なのかというと、温かいお茶を飲みましょう!
温かい飲み物は、胃腸を常に良い状態にしてくれるので、太るだけでなく健康体にもなれます。

生野菜を控える
果物や生野菜は健康に良い食べ物です。
しかし、身体を冷やす効果もある為、食べ方には注意が必要です。
特に、生野菜はそのまま食べるとレクチンという植物毒素を身体に取り込んでしまうので、健康に良くありません。
ですので、健康的に太りたいなら、「野菜は茹でて食べる」ことをオススメします!

ストレスを溜めない・解消する
ストレスも胃腸を不健康にする原因になります。
私は会社でストレスを感じていた時に食欲が無くなりやすかったです。
健康的に太る為にはストレスを減らさないといけないのですが、一体どうすれば良いのか?
ストレスを溜めない方法について重要なポイントは以下の2つになります。

1.「しっかりと休む」
睡眠がストレスを解消する1番の方法です。

2.「忘れる」
不安なことや嫌な事があっても、自分の好きな事に熱中する。

サプリを使った体質改善方法
食が細い人にとっては体重を増やす事は容易ではないと思います。
体重を増やすための大原則として、真っ先に摂取カロリーを増やす事が挙げられます。
効率良い身体作りに、1日3回の食事にプラスして栄養・カロリーバランスの計算されたウエイトゲイナーサプリメントをオススメします!

↑個人的にオススメのサプリメントのURLを貼っておきますので、是非チェックしてみてください!

最後に

いかがでしたか?

世の中には体重を増やしたくても増えないという人も沢山います。

このブログが、そういった悩みを抱えた方々の役に立てれば幸いです!

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上、CALORIE TRADE KANAYAMAがお送りしました。

YouTube始めました!!
最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!

人気記事

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
金山で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

岡村 里樹
おかむらりき

トータルセッション数

2,000回

今まで行ったパーソナル数。月100セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

250人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約250人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

金山のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

金山のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートぶっちぎりの1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

関連記事