筋トレ時の正しい呼吸法を身に付けよう!

トレーニング

こんにちは!!

ダイエット&ボディメイク専門パーソナルトレーニングジム

CALORIE TRADE KANAYAMAパーソナルトレーナーの岡村里樹(リッキー)です。

筋トレ時の正しい呼吸法を身に付けよう!

皆さんは、筋トレ中の呼吸について何か意識していますか?

今回は、筋トレ時の正しい呼吸法について解説していきます。

是非、最後までご覧ください!

呼吸法には2種類ある

呼吸法には、肋骨を広げて肺に酸素を取り入れる「胸式呼吸」と、横隔膜を使ってお腹に酸素を取り入れる「腹式呼吸」があります。

・胸式呼吸
胸式呼吸は交感神経が優位になるため、運動をするときや力を使うときに最適な呼吸法です。
肺を覆っている肋骨を広げたり閉じたりすることで、肺に酸素を送っています。
この胸式呼吸は主に、ピラテイスで使われております。

・腹式呼吸
腹式呼吸は交感神経を抑えて副交感神経を刺激するため、リラックスしたいときに最適な呼吸法です。
肋骨をなるべく動かさず、呼吸と共にお腹を出したり引っ込めたりすることで、横隔膜を上下させます。
横隔膜は下げることで、より深い呼吸ができます。
この腹式呼吸は主に、ヨガで使われております。

では、2種類の呼吸法を説明したところで、筋トレでは主にどちらの呼吸法を使うのか?

筋トレでは基本「胸式呼吸」になります。

筋肉を鍛えるときに働くのは交感神経のため、筋トレでは基本的に交感神経が優位になる胸式呼吸を行いましょう。

お腹を膨らませないようにし、肋骨や肺を動かすイメージで呼吸します。

また、一部では腹式呼吸を推奨しているトレーニングもあります。

例えば、スクワットでは腹式呼吸を用いることで、横隔膜を下げ腹圧を高めるため、体幹を安定させることができます。

筋トレと呼吸の関係性

筋トレを行うときは、「力を入れるときに息を吐く、力を抜くときに息を吸う」が基本となる呼吸法です。

人間の身体は息を吐くときに大きな力を発揮できるため、筋トレでも筋肉を収縮させるときに息を吐くことで力が入りやすくなります。

もし、筋トレ時に意識しても呼吸が止まったり、乱れてしまう人は、トレーニングの負荷が重すぎるという原因が考えられます。

呼吸法に慣れるまでは、ダンベルやバーベルの重さを軽くしたり、セット数や回数を減らしてみましょう。

初心者の方はまず、「力を入れるときに息を吐くこと」に集中すると、自然と息を吸うことができます。

筋トレ時に行う呼吸法のポイント

「力を入れるときに息を吐く、力を抜くときに息を吸う」に加えて、筋トレ時の呼吸法で気をつけるべきポイントを3つご紹介します。

1.鼻から吸って口から吐く
胸式呼吸も腹式呼吸も鼻から吸って口から吐くが基本です。
鼻から息を吸うことで鼻腔内で暖められた空気によって身体を温めることができますし、細菌やウイルスが入りにくく免疫力の向上にも繋がります。
また、口からゆっくり息を吐き切ることで、鼻から吸うときに大量に酸素を取り込むことができます。

2.強く長く息を吐く
息を吐くときは、強く長く息を吐くことを意識すると、腹筋に力が入り体幹の安定に繋がります。
反対に、短く細切れに息を吐くのは、体幹が安定しないために力が全身に行き渡らず、十分な効果を得られない可能性もあります。

3.セットの前後は深呼吸をする
セット間(インターバル)は深呼吸をして呼吸を整えることが大切です。
身体に新鮮な酸素を取り入れることで、トレーニング中の酸素不足に陥りにくくなります。

最後に

いかがでしたか?

是非、今回のブログを参考に正しい呼吸法を身に付けていきましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上、CALORIE TRADE KANAYAMAがお送りしました。

YouTube始めました!!
最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!

人気記事

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
金山で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

岡村 里樹
おかむらりき

トータルセッション数

2,000回

今まで行ったパーソナル数。月100セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

250人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約250人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

金山のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

金山のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートぶっちぎりの1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

関連記事