筋トレのベストな頻度と効果的なトレーニング方法とは?

こんにちは!!

ダイエット&ボディメイク専門パーソナルトレーニングジム

CALORIE TRADE KANAYAMAパーソナルトレーナーの岡村里樹(リッキー)です。

筋トレのベストな頻度と効果的なトレーニング方法とは?

皆さんは、1週間のうちに何回トレーニングを行なっていますか?

今回はこれからトレーニングを始めようと考えている方のためにも、筋トレのベストな頻度と、効果的なトレーニング方法についてご紹介していきます。

是非、最後までご覧ください!

【筋トレ初心者】週2〜3回の頻度がベスト!

これから筋トレを始める初心者の場合、週に2〜3回の頻度で行うのがオススメです。

この時に大切なのが、月曜日・水曜日・金曜日といったように、日を一日空けること。

超回復の説明にもある通り、破壊された筋繊維が休息によって修復する時間を設けることで、筋トレの効果が上がります。

超回復に要する時間は部位にもよりますが、大体2日〜3日と言われているので、月曜日は胸筋と肩筋、水曜日は背筋と腕筋、金曜日は脚筋と腹筋などと、日によって鍛える部位を変えましょう!

【運動不足な人】週1回〜の頻度

普段から運動不足で全く筋トレをしていない人の場合、まずは週1回〜の頻度を目安に行うのがベストです。

運動不足の人は筋トレで筋肉痛になりやすく、想像以上に疲れやすいため、初めからハードな筋トレを行うと長続きしません。

まずは運動をする習慣を身に付けることを意識し、続けられるようになってきたら筋トレの回数を増やしていくと良いです。

また、運動不足の人は、全身の筋力アップを行なってから、各筋肉部位を強化するのがオススメ。

低負荷にしたり、回数を減らしたりと調節し、無理のない程度に1日で全身の筋肉を鍛えましょう!

【身体を大きくしたい人】週3〜4回程度

バルクアップとは、筋肉を発達させて身体を大きくしていくこと。

そんなバルクアップ目的で筋トレを行う場合、週3~4回程度の頻度がオススメ。

週3〜4回とはいっても、疲労が残ったまま筋トレをすると筋肉の成長を妨げてしまうため、毎日行うのだけはNG。

超回復を上手に取り入れて、筋肉を休息させる時間を取りながら、各部位を鍛えていくようにしましょう。

最初は自重トレーニングから始めても良いですが、慣れてきたらダンベルやバーベルなどの器具を使って、さらに筋肉への負荷を高めていくことで、よりスムーズな筋肥大を期待できます!

毎日の筋トレは逆効果!筋肉を痛める取り組んではいけない頻度

上記でもチラッと説明した通り、筋肉は破壊と修復を繰り返すことで、より強い筋肉へと変化していきます。

筋肉量を増やすためには、修復の際に筋肉を休息させる時間が必要不可欠です。

もし、毎日同じ部位の筋トレを行えば、筋肉が修復する前の破壊された状態で負荷をかけ続けることになるので、筋トレの効果が下がってしまいます。

筋トレはやればやるほど筋肉が増えるわけではなく、身体への負荷が高いので、毎日行うのは基本的に望ましくないです。

ただし、鍛える部位を変えるなら毎日でもOK!

筋トレを毎日行いたいなら、鍛える部位を日によって変えるようにすれば問題ありません。

最後に

いかがでしたか?

初心者の方は、まずは無理なくトレーニングをする習慣を身につけるために週1〜2回程度。

トレーニングに慣れてきたら、毎日行なっても良いですが部位別に分けて行うこと。

個人的には週に1回は身体を休める日を入れることをオススメします!

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上、CALORIE TRADE KANAYAMAがお送りしました。

YouTube始めました!!
最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!

人気記事

[blogcard url=”https://calorietradejapan-kanayama.com/1024/”]

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
金山で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

岡村 里樹
おかむらりき

トータルセッション数

2,000回

今まで行ったパーソナル数。月100セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

250人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約250人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

金山のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

金山のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートぶっちぎりの1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です