体験予約 LINE予約

blog
ブログ

トレーニー必見!ブロッコリーと筋肉の関係性とは

こんにちは!!

ダイエット&ボディメイク専門パーソナルトレーニングジム

CALORIE TRADE KANAYAMAパーソナルトレーナーの岡村里樹(リッキー)です。

トレーニー必見!ブロッコリーと筋肉の関係性とは

皆さんは、日頃の食事にブロッコリーを取り入れていますか?

今回は、ブロッコリーと筋肉の関係性についてご紹介をしていきます。

是非、最後までご覧ください!

ブロッコリーがトレーニーに人気なのはなぜ?

1.ビタミンB1・ビタミンB6・ビタミンCが豊富
2.野菜の中でタンパク質が豊富
3.男性ホルモンのテストホルモンが含まれている

含まれる栄養素の多さから「野菜の王様」と呼ばれるブロッコリー。

食物繊維やビタミン類・葉酸・鉄分・カリウム・マグネシウムなどのほか、筋肉に不可欠なタンパク質は野菜の中でみてもかなりの含有量を誇り、100gあたり4.3gも含みます。

さらにビタミンCは、レモンが100gあたり100mgなのに対し、ブロッコリーは100gあたり120mgとレモンよりも多い。

そして、筋トレをするトレーニー達がブロッコリーを食べ続ける最大の理由は、ジインドリルメタンとI3C(インドール-3-カルビノール)という成分が含まれていること。

これは、アブラナ科の野菜に含まれる成分で、女性ホルモンのエストロゲンを抑え、男性ホルモンのテストステロンを増強する働きを持っています。

そして、筋トレをするとこのテストステロンが増え、男らしさが強調されます。

つまり、筋力の発達を抑えたり脂肪を溜めやすくして女性らしさを高めるエストロゲンが減り、逆に男らしさを高めるテストステロンが増えることで筋肉が発達しやすい状態になるというわけです。

これは筋トレ女子にも同様で、女性ホルモン優位で筋肉のつきにくい女性は、普段の食事からブロッコリーを積極的に食べることで、筋肉がつきやすい状態に整える効果が期待できます。

ブロッコリーはまさに、筋トレをするトレーニーのための野菜ですね!

ブロッコリーはビタミン類が豊富!

ビタミン類では、糖質を代謝するビタミンB1、脂質を代謝するビタミンB2、筋肉を合成させる栄養素のビタミンB6も含まれる。

これらは筋トレするトレーニーにとって欠かせない栄養素です。

また、骨の主要な構成成分になるカルシウムが多いのも筋トレには必須。

骨には筋肉を動かす働きもあります。

しかし、カルシウムの摂りすぎは高血圧などの原因となる「カルシウムパラドックス」状態を引き起こすことも・・・

これを解消するには、マグネシウムをカルシウムと一緒に摂取するのが効果的なのですが、ブロッコリーはマグネシウムの含有量も多く、まさにパーフェクト!

ブロッコリーは可食部とされる房(つぼみ)の部分だけでなく、茎(芯)も房同様に栄養があり、ビタミンCは房よりも多く含まれるほどで、茹でても失われにくいのが特徴的。

さらに、注目の成分の「スルファラファン」も含まれていますが、これは解毒作用を高めて有害物質を排出させる働きがあります。

むくみを抑えたり、引き締まった身体やアンチエイジングに有効で、胃がんの原因になるピロリ菌を殺菌する効果も!

最後に

いかがでしたか?

是非、今回のブログをきっかけに、積極的にブロッコリーを取り入れてみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上、CALORIE TRADE KANAYAMAがお送りしました。

YouTube始めました!!
最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!

人気記事

[blogcard url=”https://calorietradejapan-kanayama.com/751/”]

– この記事を書いた人 –

名古屋市中区金山の
パーソナルトレーナー

岡村 里樹
おかむらりき

トータルセッション数

2,000回

今まで行ったパーソナル数。月100セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

250人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約250人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。