蕎麦にまつわるダイエット効果とは

こんにちは!!

ダイエット&ボディメイク専門パーソナルトレーニングジム

CALORIE TRADE KANAYAMAパーソナルトレーナーの岡村里樹(リッキー)です。

蕎麦にまつわるダイエット効果とは

梅雨が明けて、いよいよ本格的な夏に入りましたね。

この暑い時期は蕎麦が食べたくなる方が多いかと思います。

そこで今回は、蕎麦にまつわるダイエット効果についてご紹介していきます。

是非、最後までご覧ください!

蕎麦のカロリーと糖質量

■カロリー
蕎麦のカロリーは、茹でた状態で100gあたり132kcal。
一人前あたりは約170g程になりますので、そばつゆなどを計算に入れない場合の一人前のカロリーは、約224kcal。

■糖質量
蕎麦の糖質量は、茹でた状態で100gあたり24.0g。
一人前が170gだとすると、40.8gになります。

蕎麦との比較でよくうどんが出てきますが、実際のところカロリーや糖質量はどのくらい違いがあるのでしょうか?

■カロリー(100gあたり)
蕎麦(ゆで) 132kcal
うどん(ゆで) 105kcal

■糖質量(100gあたり)
蕎麦(ゆで) 26.0g
うどん(ゆで) 20.8g

同じ分量で比べると、実はうどんの方がカロリーも糖質量も低いんです!

どちらかというと、蕎麦の方が低いと思っていた方、多いのではないでしょうか?

しかしこちらは、あくまでも同じ量を比べた結果。

うどんは一人前約250gで、カロリーは263kcal、糖質量は52.0gと多くのなるので、お家でご自身で量を調節できるときは良いのですが、外食する時は中々量を調節するのは難しいと思います。

そう考えると、蕎麦の方が低カロリー&低糖質と言えそうですよね。

蕎麦がダイエットの良いとされる理由

一人前だとうどんよりも低カロリーな蕎麦ですが、100gあたりだと高カロリー。

ですが、どうして「蕎麦ダイエット」となるものがブームになったのでしょうか?

実は、ダイエット関連でよく目にする「GI値」が理由なんです。

GI値とは、食後血糖値の上昇を示す指標となります。

グルコースを基準とした場合、GIが70以上の食品を高GI食品、56〜69の間の食品を中GI食品、55以下の食品を低GI食品と定義されています。

では、蕎麦はどの分類になるかというと、蕎麦のGI値は59になりますので、中GI食品となります。

ちなみに、うどんはGI値80・白米はGI値84・食パンはGI値91なので、これらの主食と比べると低いことが分かります。

最後に

いかがでしたか?

蕎麦のGI値が低いからといって、何も気にせず食べていいわけではありません。

必ず一人前の量(約170g)を守り、大盛りにはしないようにしましょう!

また、蕎麦作りには蕎麦粉と小麦粉が使われていますが、配合の割合によってGI値が変わってきます。

最もGI値が低いのは、蕎麦粉100%の「十割そば」となります。

種類によっては小麦粉のほうが多い場合もありますので気をつけてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上、CALORIE TRADE KANAYAMAがお送りしました。

YouTube始めました!!
最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!

人気記事

[blogcard url=”https://calorietradejapan-kanayama.com/751/”]

– この記事を書いた人 –

名古屋市中区金山の
パーソナルトレーナー

岡村 里樹
おかむらりき

トータルセッション数

2,000回

今まで行ったパーソナル数。月100セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

250人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約250人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です