体験予約 LINE予約

blog
ブログ

ダイエット中の方必見!体脂肪(内臓脂肪・皮下脂肪)が付く原因と落とす方法とは

こんにちは!!

ダイエット&ボディメイク専門パーソナルトレーニングジム

CALORIE TRADE KANAYAMAパーソナルトレーナーの岡村里樹(リッキー)です。

ダイエット中の方必見!体脂肪(内臓脂肪・皮下脂肪)が付く原因と落とす方法とは

皆さんの中で、ご自身の体脂肪が気になる方はいますか?

今回はなぜ体脂肪が付くのか?体脂肪はどうすれば落ちるのか?について解説します。

是非、最後までご覧ください!

内臓脂肪が付く原因と落とす方法

【内臓脂肪が付く原因】

内臓脂肪が身体に付く原因として考えられるのは、主に食べ過ぎ運動不足によるものです。

女性と比べて男性の方が内臓脂肪は付きやすいとされています。

また、内臓脂肪は付きやすい反面、落としやすい組織でもあります。

日頃から糖質や脂質の多い食事をとっていると、摂取したエネルギーが全て消費されず、余分な脂肪が体内に蓄積されていきます。

さらに早食いや暴飲暴食をしているとかえって代謝が悪くなることで脂肪が付きやすくなったり、デスクワークで体を動かす機会が少ない・運動習慣が全くないなどの場合は、脂肪が燃焼しにくくなっています。

【内臓脂肪を落とす方法】

内臓脂肪を落とすには、スクワットが効果的と言われております。

スクワットを行う方法は、

①胸を張り、脚を肩幅より少し広めに開く(つま先を若干外側に向けておく)
②お尻を突き出しながら膝を曲げる
③太ももが床と平行になるまで膝を曲げたら元に戻る

注意点として、

①膝を曲げる際、膝がつま先より前に出ない
②上体を倒しすぎない
③膝が内側に入らないように、つま先に沿って膝を曲げる

間違ったスクワットを繰り返し行なってしまうと、腰や膝に負担がかかり怪我をしてしまう原因となります。

姿勢には十分に注意し、正しいスクワットの方法を身に付けることがとても大切です。

また、生活習慣から内臓脂肪を付きにくくするために、食事の取り方にも工夫が必要です。

野菜から食べ始め、汁物・タンパク質類・炭水化物の順に食べると良いといわれております。

そうすることで、食事による血糖値の上昇を緩やかにし、必要以上に蓄えないようにします。

低カロリーな食生活を心掛けることも大切ですが、食べる順番を意識することでダイエット効果を上げることができるでしょう!

皮下脂肪が付く原因と落とす方法

【皮下脂肪が付く原因】

皮下脂肪は、内臓脂肪と同様に食べ過ぎ運動不足が主な原因です。

一般的には、男性よりも女性の方が付きやすいとされています。

また、内臓脂肪とは異なり身体に付きにくい反面、一度付くと落としにくい組織であるといわれております。

【皮下脂肪を落とす方法】

皮下脂肪を落とすには、リンパマッサージ有酸素運動が効果的とされています。

代謝が良くなっている入浴中や入浴後に、二の腕やお腹周り・太ももなどを強めにマッサージすると、リンパの流れが良くなり皮下脂肪が燃えやすくなります。

皮下脂肪は内臓脂肪の後に燃焼するといわれており、そのための運動にも工夫が必要になります。

皮下脂肪を燃焼するための有酸素運動をする前に、筋力トレーニングを取り入れることで効果を上げることができます。

筋力トレーニングを行った後で、水泳や縄跳び・ウォーキングといった有酸素運動を行うことにより、落ちにくい皮下脂肪をより燃えやすい状態へと近づけていくことが可能です。

理想的な頻度として、週に3日・1回30分程度の有酸素運動を取り入れると良いでしょう!

最後に

いかがでしたか?

是非、今回のブログを参考にご自身の体脂肪が気になる方は上記の方法を実践してみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上、CALORIE TRADE KANAYAMAがお送りしました。

YouTube始めました!!
最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!

人気記事

[blogcard url=”https://calorietradejapan-kanayama.com/751/”]

– この記事を書いた人 –

名古屋市中区金山の
パーソナルトレーナー

岡村 里樹
おかむらりき

トータルセッション数

2,000回

今まで行ったパーソナル数。月100セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

250人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約250人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。