猫背を改善させるためにはどうすれば良いか?

ストレッチ ダイエット トレーニング 姿勢改善

皆さまこんにちは!

CALORIE TRADE JAPAN金山店の薗田(そのだ)です!

猫背を改善させるためにはどうすれば良いか?

本日は猫背を綺麗に治していく方法をご紹介していきます♪

それでは行ってみましょう!

猫背は体にこんなに悪い! 内臓の働きから顔にまで影響

猫背は、背中と肩が丸まり、首が前に傾きやすくなった状態です。猫背になると内臓が最小限の働きしかできなくなります。

また、呼吸の面でも弊害が出てきます。

背中と肩が丸まると、イメージとしては、肺が窮屈な箱の中に入れられて、開いたり閉じたりしようとしても大きく動くことができない状態になります。

胸を張ってあごを上げた状態の時は、大きく息を吸うことができますが、猫背になって下を見たままでは、同じだけの息は吸えないもの・・・。

猫背になると血液を循環させるポンプの力が弱くなり、血流が体の先に届きにくくなることで冷えの原因になります。疲れやすくなったり、元気や食欲がなくなったりもします。

姿勢の改善

猫背の改善のために筋トレやストレッチはもちろん効果的ですが、やはり日々の姿勢の改善もおこなっていく必要があります。デスクワークをするときやスマホを操作するときだけでなく、寝るときに関しても姿勢の取り方は猫背の改善に繋がるのです!

せっかく筋トレやストレッチをおこなっても日々の姿勢が悪ければその効果は薄れてしまいますし、むしろ猫背は悪化してしまいます。

猫背を改善させるためには日々の努力が必要不可欠です!

なんとなく過ごしていると姿勢は悪くなってしまいがちですから、常に意識して猫背にならない正しい姿勢をとるようにしましょう♪

デスクワークするときの座り方

デスクワークをするときは椅子に浅く座って背もたれに背中をつけないようにしましょう!

背もたれと背中の間に丸めたタオルを挟んでおくと正しい姿勢を維持することができるので、どうしても背もたれに寄りかかってしまうという人は試してみてください♪

腰や首がこってしまう場合には無理をせずに15~60分程度に1回休憩を挟んでも大丈夫です!

無理をしてしまうと力が入ってしまったり、おかしな姿勢をとってしまったりして逆効果が生まれてしまいます・・・。

スマホを操作するときの姿勢

スマホを操作するときは背筋を伸ばして下を向かないようにしましょう!

スマホの画面をのぞき込むようにすると猫背の原因になってしまいます。このときスマホを目線の高さまで持ち上げるのがいいでしょう。

腕が疲れてしまって続けられない場合には机などを使い工夫して高さを保ち、背筋を伸ばした状態をくずさないように心がけてください。

スマホを操作しているときにもっとも気をつけなければならないのは、背筋を丸めたまま画面を食い入るように見つめてしまわないようにすることです。

決して下を向かずに背筋を伸ばして前を向くことを忘れないようにしましょう♪

猫背を改善するためにはどうすれば良いか?についてのまとめ

いかがでしたか?

猫背を治すためには筋トレやストレッチ、姿勢の改善を意識的におこなうことが非常に大切です!

もし自分が少しでも猫背かもしれないと思ったら、すぐに猫背かどうかチェックをして早い段階から改善できるようにしましょう。

デスクワークやスマホの操作が多い現代社会では猫背になる可能性も高く、知らず知らずのうちに猫背になってしまっていたということも珍しくはありません。

筋トレなどで正しい姿勢を取り戻せるようにしましょう!

猫背は意識すれば必ず改善することができます。そのためには日々の努力が欠かせませんから、筋トレやエクササイズに加えて姿勢にも気を配り猫背を治していきましょう♪

ではまた次回の記事で!

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
金山で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

薗田 真
そのだまこと

トータルセッション数

1,200回

ゴールドジム時代から今まで行ったパーソナル数。月120セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

300人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約250人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

金山のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

金山のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートぶっちぎりの1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

 

 

関連記事