有酸素運動をすることのメリット

ダイエット 体脂肪 対処法 生活改善

皆さまこんにちは!

カロリートレードカナヤマのトレーナー薗田(そのだ)です!

有酸素運動をすることのメリット

有酸素運動とは、もともとどういったものなのでしょうか?

そして、より運動の効果を上げるためにはどうすればよいのでしょうか?

今回は、有酸素運動がもたらす効果についてご紹介していきます!

それではいってみましょう!

有酸素運動って?

運動というと、みなさんはどのような運動を思い浮かべるでしょうか?
ダンベル上げなどの、ジムに通って行うトレーニングのようなものをイメージする方もいるかと思います。
同じ運動というくくりではありますが、これらの運動はそれぞれ2つの種類に分類されます。
それが、有酸素運動とレジスタンス運動です。
有酸素運動とは、筋肉を収縮させるエネルギーとして酸素を使用する運動のことをいいます。
よって、ジョギングや水泳、エアロビクスやサイクリングのように酸素を多く消費し、息が切れるような運動は有酸素運動へ分類されます。
一方ダンベル上げのように、筋肉に負荷や抵抗をかけることで筋肉を収縮させ、筋力や筋肉の持久力を増強させたり、筋肉量を増強させるために行う運動を、レジスタンス運動といいます。
レジスタンス運動は別名「筋力トレーニング」とも呼ばれ、アスリートのトレーニングや心臓が悪い方のリハビリ、寝たきりや転倒予防のためにも用いられています。

有酸素運動が体にもたらすさまざまな効果

●血糖値を安定させる

身体を動かすために、全身にある筋肉。
この筋肉は、血液の中にある糖分を取り入れ、エネルギーに変えることで動かすことができます。
有酸素運動をすると、通常よりも多く筋肉を動かすエネルギーを使うことになるため、血液の中の糖分をどんどんエネルギーとして使うことができます。
運動によって通常よりも多くの糖分を要するため、血糖値が高くなることを防ぐ効果も期待できます。

●血圧が安定する

運動を行うと、全身の筋肉が酸素とエネルギーを欲しがるため、血圧が上がりやすくなります。
そこで、血圧が下がるように、体の中のホルモンが働きかけます。
よって血圧が高めの方が運動を行うと、体の中のホルモンが血圧を下げるように働きかけやすくなるため、血圧の安定が期待できます。

●肥満が改善できる

運動を行うことで、脂肪組織の分解が促されます。
そして分解された脂肪は筋肉のエネルギー源として消費されるため、脂肪組織の量を減らすことができます。
脂肪組織の量が減るということは、体重の減少とともに肥満の改善が期待できます。

●脂質異常症を改善し、動脈硬化予防となる

運動を行うことで、余分な脂質が筋肉に取り込まれやすくなるため、脂質異常症の改善が期待できます。
また、心臓の拍動が多くなり、血管を拡張させる物質が増加するので、血管内の機能も改善されます。
このことから、脂質異常症によって引き起こしやすいとされている動脈硬化を、防ぐことが期待できるのです。

 

いかがでしたか?色々とメリットが解ったのではないでしょうか?

運動を始めたい!でも時間がない。
そんな方は、新たに運動の時間を確保しようとせず、まずはこの「ややきつい」あるいは「笑顔でできる程度の運動」を日常生活のなかに取り入れてみてはいかがでしょうか。
たとえば、
子どもと外で遊ぶ時間をつくる。
洗濯物を干す際、わざとカゴを小さくして、階段を何度も上り下りするようにする
など、工夫できることは多いはずです。
まずは日常生活に運動を取り入れることから始めてみてください。

 

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
金山で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

薗田 真
そのだまこと

トータルセッション数

1,200回

ゴールドジム時代から今まで行ったパーソナル数。月120セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

300人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約250人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

金山のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

金山のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートぶっちぎりの1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

関連記事