女性の方にもオススメ!トレーニンググローブを使うメリットと選び方について解説します!

こんにちは!!

ダイエット&ボディメイク専門パーソナルトレーニングジム

CALORIE TRADE KANAYAMAパーソナルトレーナーの岡村里樹(リッキー)です。

女性の方にもオススメ!トレーニンググローブを使うメリットと選び方について解説します!

皆さんは、普段のトレーニングでトレーニンググローブを使っていますか?

今回は、トレーニンググローブを使うメリットと選び方についてご紹介していきます。

是非、最後までご覧ください!

ウェイトトレーニングでグローブを使うメリット

ウエイトトレーニングに使う器具は鉄のようなものです。

持ちやすいように工夫されていますが、汗をかくと滑ってしまいます。

それから、バーベルなどは小学校の鉄棒を持っているような感じですので、手が痛くなったり、毎日長時間続けると手の平にマメができたり、硬くなってしまいます。

ウエイトトレーニング用のグローブは、筋トレをハードに行なっている男性がよくつけられていますが、付けることで、汗をかいても滑りにくく、手の平のマメ防止にもなります。

また、重いおもりを持つと手首が安定せず負担がかかり、反り返ったままでトレーニングを続けると手首を痛めてしまいます。

手首を保護し怪我を予防する面でも、トレーニンググローブは大変便利です。

見た目もお洒落な商品が多いので、ファッションアイテムとしても人気ですので、是非女性の方にも使ってほしいです!

トレーニンググローブの種類・選び方

メーカーによって様々なタイプがあります。

ウエイトトレーニングを補助する手袋なので、手首を保護できるタイプや滑りにくいようにボコボコとした素材感を手の平に施した商品もあります。

また、グローブの素材は本革をはじめ、合成革皮や合成繊維などがあります。

本革は機能性や耐久性に優れておりますが、初めは使い心地が硬く、お手入れにも注意が必要なため、本格的にトレーニングをしたい方にオススメです。

合成皮革や合成繊維は軽量で耐久性には欠けますが、洗濯できるタイプが多くお手入れがしやすいので、衛生面は優れております。

比較的安価ですので、初心者の方にはこちらをオススメします!

最後に

いかがでしたか?

トレーニンググローブは初心者の方から上級者の方まで是非使ってほしいアイテムです。

自分の手のサイズを計り、フィットするサイズを選ぶようにしましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上、CALORIE TRADE KANAYAMAがお送りしました。

YouTube始めました!!
最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!

人気記事

[blogcard url=”https://calorietradejapan-kanayama.com/1024/”]

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
金山で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

岡村 里樹
おかむらりき

トータルセッション数

2,000回

今まで行ったパーソナル数。月100セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

250人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約250人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

金山のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

金山のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートぶっちぎりの1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

パーソナルトレーナーがオススメする初心者の方にも使ってほしいトレーニング用品3選

こんにちは!!

ダイエット&ボディメイク専門パーソナルトレーニングジム

CALORIE TRADE KANAYAMAパーソナルトレーナーの岡村里樹(リッキー)です。

パーソナルトレーナーがオススメする初心者の方にも使ってほしいトレーニング用品3選

皆さんは、トレーニングをする際に何かトレーニング用品を使っていますか?

今回は、私が普段のトレーニングで使っているオススメのトレーニング用品をご紹介していきます。

是非、最後までご覧ください!

トレーニングベルト

最初にご紹介するのは、「トレーニングベルト」になります。

トレーニングベルトには、腹圧を高める効果があり、ベルト巻くことでお腹に圧力を加え、それに抵抗するように腹筋に力を入れることで腹圧が上がります。

腹圧が上がると以下のような効果があります。

腰を保護する
扱える重量が上がる

腹圧を上げると、背中がピンと伸び、身体に1本の芯が通ったような感覚になります。

腰が曲がった状態でトレーニングをすることは、腰を痛める大きな原因の1つ。

腹圧が高まっている状態なら、バーベルを持った時も姿勢を維持することができます。

そのため、腰の怪我を予防することができます。

また、腹圧が高まると体幹が安定します。

体幹が安定すれば、力を入れやすくなってパフォーマンスも向上します。

「ベルトで保護されている」という心理的な安心感から、トレーニングで扱うことができる重量が上がります。

トレーニングベルトを使用する主な場面は

スクワット
デッドリフト

トレーニング中の怪我で怖いのが、腰を痛めること。

「スクワット」や「デッドリフト」のように腰を曲げる種目を行う場合は、トレーニングベルトを使い怪我を防ぎましょう。

リストラップ

2つ目にご紹介するのは「リストラップ」になります。

リストラップの効果は、手首を保護することです。

様々なトレーニングで酷使する手首ですが、そもそも手首は細くて弱い関節。

トレーニングを楽しく続けるためにもしっかりと保護しておきたいところ。

以下のようなトレーニングを行う際には、リストラップの使用をオススメします。

スクワット
ベンチプレス

特に、初心者が気をつけたいのが「スクワット」になります。

スクワットは初心者でも高重量を扱うことができる種目。

フォームが固まる前に高重量を扱うことで、手首に大きな負担がかかってしまう可能性があります。

思わぬ怪我を防ぐためにも、できればリストラップで手首を保護しておきましょう。

パワーグリップ

最後にご紹介するのは「パワーグリップ」になります。

パワーグリップの効果は、握力の補助になります。

手首に輪を通し、バーベルやダンベルに巻き付けることで、重りの重さを手首に逃し握力を軽減することができます。

以下のようなトレーニングを行う際には、パワーグリップの使用をオススメします。

デッドリフト

デッドリフトは主に背中のトレーニングですが、握力も酷使します。

背中を鍛えているはずなのに、握力の方が先に限界を迎えるなんてことがよくあります。

ですので、背中を鍛えることに集中するためにもパワーグリップの使用をオススメします!

最後に

いかがでしたか?

数あるトレーニング用品の中で、「三種の神器」と言われる程使われているものを、今回はご紹介させていただきました。

是非、男女問わず初心者の方も使ってみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上、CALORIE TRADE KANAYAMAがお送りしました。

YouTube始めました!!
最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!

人気記事

[blogcard url=”https://calorietradejapan-kanayama.com/1024/”]

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
金山で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

岡村 里樹
おかむらりき

トータルセッション数

2,000回

今まで行ったパーソナル数。月100セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

250人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約250人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

金山のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

金山のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートぶっちぎりの1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

トレーニングシューズ使ってる?〜トレーニングシューズの選び方〜

どうも皆さまこんにちは!

ダイエット&ボディメイク専門パーソナルトレーニングジム「カロリートレードカナヤマ」のトレーナー薗田(そのだ)です!

随時お役立ち情報や、トレーニング情報などを「Youtube」にアップしてしています!

動画は記事の最後に貼り付けてありますので、よろしければご覧ください♪また、動画がいいな!と思ったら是非グッドボタンやチャンネル登録していただけると嬉しいです!

トレーニングシューズ使ってる?〜トレーニングシューズの選び方〜

今回はトレーニングシューズの選び方についてお話ししていきます!

それではいってみましょう!

スポーツジム用のシューズをこだわってみよう!

ジムで履くシューズは、動きやすいものであれば特に指定はありません。基本的にどこのスポーツジムでも裸足やサンダルのような軽装でなく、運動に適しているシューズであれば設備を利用できます。

スポーツジム専用のシューズは「トレーニング用シューズ」「フィットネスシューズ」と呼ばれることもあります。一般的な運動靴よりも、最適なパフォーマンスを発揮できるように開発されているのが特徴です。

スポーツジムの施設によりますが、

・マシンを使ってトレーニングをする「トレーニングマシン」
・ウエイトトレーニングをする「フリーウエイト」
・室内でも走れる「ランニングマシン(トレッドミル)」
・ダンスやヨガといった運動を行う「レッスンスタジオ」

といった設備があるため、トレーニング内容に応じてシューズを使うことが大切です。

例えば、トレーニングマシンやフリーウエイトでトレーニングするときに、動きにくい靴だと可動域が狭くなり、パフォーマンスが下がるだけでなく怪我をしやすくなります。

ランニングするときも、足には体重の数倍の負担がかかり、足底が固くクッション性に乏しいシューズのようなランニングに適していないものだと、膝や足首、腰を痛める原因になってしまいます。

また、施設によっては外履きの使用が禁止されていることもあります。この場合は、外履きを洗うことで使えるようになります。

ジムにはどのようなシューズが適している?

基本的にスポーツジム用のシューズの指定は特にないため、各種スポーツ用のスパイクがついていないタイプであれば、どのようなものを履いても問題はありません。

例えば、フットサルシューズやテニスシューズ、特にランニングシューズを履いてトレーニングしている方は多くいます。

しかし、レースや試合用のシューズだと圧迫感が強かったり、軽量で足を守る要素が乏しかったりするため注意しましょう。

トレーニング用シューズを履くメリット

運動の効率が良くなる

トレーニング用のシューズは足の裏(ソール)がゴム製であることが多く、滑りにくいため地面をしっかり捉えることができます。

安全性が増すだけでなく、踏ん張りが効いて高重量のウエイトも扱いやすくなります。そのため、ウエイトトレーニングやマシントレーニングを行う際は効率良く鍛えられるでしょう。

トレーニング用シューズは動きやすく、トレーニングで鍛えたい部位に的確な刺激を与えることで、運動の結果を得やすくなります。

ジムでランニングマシンを使うときは、クッション性が高く軽くて走りやすいランニングシューズを選ぶのがおすすめです。

実際にランニングシューズをトレーニング用シューズとして使っている人は多くおり、特に有酸素運動をメインで体脂肪を燃焼させたい方におすすめです。

ランニングシューズは軽くて走りやすいだけでなく、クッション性・グリップ性にも優れているものが多く、運動しやすいです。

しかし、長距離用のレースシューズは靴底が薄く作られているものが多く、軽量で無駄がない作りになっています。このようなシューズは足を守る役割の多くがそぎ落とされているため、トレーニング用シューズとしては向かないので注意してください。

 

いかがでしたか?

一概にこれだけの理由ではありませんが、選んでみて、どのシーンで使うのかを見極めて買ってみましょう!

過去のYoutube動画はこちらから!

⬇️

https://youtu.be/SULTo-E0q18

 

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
金山で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

薗田 真
そのだまこと

トータルセッション数

1,200回

ゴールドジム時代から今まで行ったパーソナル数。月120セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

300人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約250人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

金山のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

金山のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートぶっちぎりの1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。